2005/04/04 第062回 - Dr. Hugo Coops

第62回汽水域懇談会

4月20日(水曜日)夕方より第62回汽水域懇談会を行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

 

『Water management in the Netherlands』(オランダにおける水管理)

Hugo Coops 博士 島根大学汽水域研究センター 客員教授
Senior Aquatic Ecologist, RIZA (Institute for Inland Water Management and Waste Water Treatment), Netherlands (RIZA、オランダの公共事業省に属する研究所、上席水域生態学者)

Coops 博士は、オランダ Institute for Inland Water Management and Waste Water Treatment (RIZA) の上席水域生態学者で、2005年1月より1年間の予定で客員教授として島根大学汽水域研究センターに勤務しています。
Coops 博士は水生植物とそれらを取り巻く生態系との相互作用などを主に研究し、オランダでは国レベルでの水資源管理や湖水・水辺の環境、および生態系の修復などに携わっています。オランダは国土の大半が海面下という地形であることに加え、ライン川などの国際河川の下流部に位置することなどから、水管理に関する手法や合意形成のあり方に関して、世界的にみて非常に先進的な施策を取っています。
今回の懇談会では、オランダにおける水管理の現状と今後の方向性について、最新の有益なお話が聞けるものと思います。皆様のご来聴を心よりお待ちしております。

日時:平成17年4月20日(水曜日)午後5時より1時間程度
場所:島根大学汽水域研究センター2階演習室(201)

皆様のご来聴をお待ちしております。
../seminar/62reccle.pdf


要旨:
オランダは氷河、二つの大河川、そして人間によって作られている。過去の二回の氷河期において、国土の形と川の渓谷が決まった。海岸の砂州の背後では、沖積期の堆積物(粘土と泥炭)によって潟が埋まっていった。砂丘の裂け目は大規模な洪水を引き起こし、Waddenzee と Zuiderzeeの広大なデルタ水域を形成した。
中世以降、人は川に堤防を作り、湿地を堤で囲み、排水して干拓地を造り、国土を形作っていった。この活動は'Waterschappen'と呼ばれるユニークな組織体を生み出し、それは居住する人たちの義務、選挙、納税などの地域の権限を持っていた。しかしながら、大きな河川と河口域および海を含む水に関する主要なインフラ整備は、州によって管理されている。
水管理に関する方針の決定は、かつては洪水を防ぐことと農業に便宜を図ることに第一になされていた。したがって国の優先度は海岸を、そして洪水から守ることであり、地域の優先度は農業用の淡水を確保することであった。講演では最初の「デルタ事業」の事例と、後の事例であるFryslan県における「地域水レベル管理」について紹介する。これらの例は、水系の改変は常に生態学的な機能、生産性、自然の価値を消失するという犠牲に至ること、そしてこれらは予見されておらず、一部のみ回復可能であることを示している。

最近および将来のいくつかの傾向は判然としている。
1) 富栄養化は多くの水塊を貧弱な生態学的状態に帰着してきた。研究が明らかにしたところによると、1950年より前に透き通った状態であったほとんどの湖は、濁ったものに転換し、栄養塩の負荷の削減にも関わらず回復していない。
2) 重金属や有機微小汚染物質などの汚染物質が多くの水域に蓄積している。大規模で費用のかかる衛生改善プロジェクトが進行中である。
3) 傑出した農業国から都市化した'レクリエーションの'景観へ、オランダが大きく変化する事態が起こってきた。点的な発生源の汚染を削減した後、主に農業地からの拡散する汚染発生源が湖や川への主要な栄養塩源として残っている。ヨーロッパの状況では、農業生産から広い土地を確保するべきであろう。
4) 気候変動の見通しによると、国の低い地高の部分は劇的な影響を受けるであろう。河川の体制は変化し、海面は上昇し、そして降雨は激しくなることが予測されている。WB21(21世紀における水管理)と呼ばれる総合的な戦略がこれらの変化を見越して採用された。
5) ヨーロッパの統合は、共同体の法制化の手段を含んでいる。いくつかの枠組み(例えば、EU水枠組み指令、EU鳥類と生息場所の指令)が水管理と計画に重要になってきている。それらは目標誓約型から結果誓約型への政策の変化を意味し、水と保全すべき資源のヤ持続可能な利用ユの原則を実行する方策を求めているものである。


Abstract:
The Netherlands is formed by the ice ages, two large rivers and man. During the last two glacial periods, the countryユs shape and the river valleys were determined. Behind a marine sandbar, lagoonal infilling by alluvial sediments (clay and peat) occurred. Breaches in the dune ridge produced large-scale floodings that shaped the large Delta waters, Waddenzee and Zuiderzee.
Since medieval times, man has shaped the country by dyking rivers, embanking wetlands and creating polders by pumping out water. This activity led to a unique organisational structure called 'Waterschappen', regional authorities that have their own responsibilities, elections and taxes. The main water infrastructure, however, is managed by the state, and consists of the large rivers and estuaries and the sea.
Decisions on water management used to be made primarily to prevent flooding and to accommodate agriculture: hence the national priority was coastal and flooding defense, and regional priority was the provision of freshwater. I will show examples of the first - the Delta works - and the latter - regional water-level management in the province of Fryslan. These examples show that alterations of water systems always come at a cost of loss of ecological functions, productivity and natural values that was not foreseen and is only partly reparable.

Some recent and future trends are apparent:
1) eutrophication has resulted in poor ecological conditions in many water bodies; studies have revealed that, where most lakes were in a clear-water state before 1950, they switched to turbid and have not recovered despite nutrient load reductions;
2) pollutants such as heavy metals and organic micropollutants have accumulated in many waters. Large-scale and costly sanitation projects are underway.
3) a major shift has occurred in the Netherlansd from being predominantly an agricultural country, towards an urbanized and 'recreational' landscape. After reducing point-emissions of pollutants, diffuse emissions mainly from agricultural areas remain as a major source of nutrients to lakes and rivers. In the European context, large areas should be taken out of agricultural production.
4) prospected climate change will have a dramatic impact on the low-lying parts of the country: it is expected that river regimes will change, the sea level will rise and precipitation events will intensify. A general strategy called WB21 (Water Management in the 21st Century) has been adopted in anticipation of these changes.
5) European integration involves the implementation of communitary legislation. Several directives (e.g. EU Water Framework Directive, EU Bird- and Habitat Directive) are becoming critical for water management and planning. They include a change from target-committed to result-committed policies and seek to implement the 'sustainable use' principle of water- and conservation resources.