2012/06/25 第105回 - 河 鎭龍(ハ ジンヨン) 博士

第105回汽水域懇談会

2012年6月28日(木曜日)夕方より第105回汽水域懇談会を行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

魚食魚とダフニアを用いたバイオマニピュレーションによる湖の水質改善;日本の湖での結果
河 鎭龍(ハ ジンヨン) 博士(島根大学汽水域研究センター)

日時:2012年6月28日(木曜日)17:00〜18:00
場所:島根大学汽水域研究センター2階セミナー室(201)


発表の概要:
バイオマニピュレーションは湖の水質改善のための有効な手法の一つとして、世界中の多くの湖で取り入れられている。バイオマニピュレーションでは、プランクトン食魚の積極的な捕獲、もしくは魚食魚を湖へ放流することによりプランクトン食魚の数を減らす。その結果、優れた濾過摂食者である大型枝角類のダフニアの数が増加する。そして、最終的には、増えたダフニアが藻類の現存量を減少させ、湖の水質が向上する。2000年、日本の湖として初めて白樺湖(人造湖で標高1416mに位置し, 36haの湖面積を持つ)でバイオマニピュレーションが行われた。この湖ではプランクトン食魚(主にワカサギ)の個体数を減らす目的で、魚食魚(ニジマス)が放流された。また、この湖にはダフニアが生息していなかった為、日本の湖で一般的な大型枝角類であるカブトミジンコ(Daphnia galeata)を放流した。バイオマニピュレーションの湖への影響を評価するためにバイオマニピュレーションを行う前のデータ(1997年から1999年まで)とバイオマニピュレーションを行った後のデータ(2000年から2006まで)を分析した。
その結果,バイオマニピュレーションの後、ワカサギの激減と共にカブトミジンコの増加および小型ミジンコとワムシの減少が見られた。湖の透明度は,バイオマニピュレーション以前は約2mほどであったが,バイオマニピュレーション後は植物プランクトンの減少によって4m超まで増加した。透明度の上昇は,沈水植物(Elodea nuttallii)の分布拡大につながった。全リン濃度もこの期間に減少した。これらの結果は、白樺湖で行われた魚食魚とカブトミジンコを用いたバイオマニピュレーションが,湖の水質を改善することに成功したことを示している。

掲示用ポスター