2017/07/24  さくらサイエンスプロジェクト続報(07/08-14)

前回のレポートはこちら

 

 来日後初の休日である7月8日は、地質・鉱物天然記念物に指定されている浜田市国分町の「石見畳ヶ浦」を見学しました。

一行は千畳敷やノジュール、海蝕洞などを興味深く観察しました。

 写真9

 

写真10 地層をバックに記念撮影

 

 

 その後、浜田市久代町の「島根県立しまね海洋館アクアス」へ

 写真11 

 

 写真12 水族館入り口で記念撮影

 

 

 7月10日は、当センター長・齋藤教授による講義が行われた後、翌日から始まる36時間定点観測の準備の為、当センターの江島分室へ向かいました。

写真13 日本の沿岸域の特徴について講義を行う齋藤教授

 

 

 7月11日8時より12日の18時まで、中海・北部承水路にて8班体制で定点調査が行われました。

 写真14 11日の調査の様子

 

 写真15 夜間も継続して調査は行われました

 

  写真16 調査が終わりほっとする面々(エスチュアリー研究センター中海分室前にて)

 

 

 7月14日から、36時間調査で得られたサンプルの分析作業が始まりました。

 写真17含砂率測定準備をする学生のMr.Thanh

 

写真18珪藻プレパラートを作成する学生のMs.Tung

 

(レポートは続きます)