2004/03/19 第054回 - 倉田 健悟 博士

第54回汽水域懇談会

3月26日(金曜日)夕方より第54回汽水域懇談会を行います。皆様お誘い合わせの上、 ご参加下さいますようお願い申し上げます。

 

『Research on the present status and environmental conservation of brackish water areas in New Zealand
(ニュージーランドにおける汽水域の環境保全の現状と問題点に関する調査研究)』

話題提供:倉田 健悟 島根大学 汽水域研究センター 

 

日時:3月26日(金曜日)午後4時より90分程度
場所:島根大学汽水域研究センター2階演習室(201)

皆様のご来聴をお待ちしております。
GNSのホームページに研究の新聞報道が掲載されています。


54th ReCCLE Seminar

概要:
平成15年度在外研究員(創造開発研究)の制度により、ニュージーランドの首都であるWellingtonに近いLower Huttにある研究所GNS (Institute of Geological Nuclear Sciences) に2003.12.15〜2004.2.25の期間、滞在した。GNSの一部門、Rafter Stable Isotope Laboratory は40年を越す安定同位体の分析経験を持っており、この実験所を拠点にして、管理者である Karyne Rogers 博士とともにWellington近郊の汽水域環境の調査研究を行った。
調査対象地のPorirua harbourは周辺の都市開発が進み、重金属や有機物の流入が懸念されている。地方議会とGNSにより、長期間にわたる湾の環境および生物のモニタリングを開始することが計画され、そのベースラインとなる最初の調査に参加した。潮汐の影響を受ける汽水性の湾の沿岸に18ヶ所のサンプリング地点を設け、汽水、堆積物、海藻類、底生無脊椎動物などの試料を採取した。それらの炭素および窒素安定同位体比をGNSにて測定し、重金属の測定を委託することでデータを得て、流域の土地利用状況と湾の水質、底質、生物体における物質濃度の関係を解析した。
現地における調査の結果は現在、解析中であり詳細については報告を待つものの、サンプリングの計画から実施、測定、等の一連の環境調査をGNSの研究者と協力して行ったことが有意義な結果となった。つまり、汽水環境における都市化の影響をモニタリングする計画とその手法は、我が国においても必要であり、反対に同様の問題をニュージーランドのような環境先進国も抱えていて、研究所と行政が問題に取り組んでいるという現実を経験できたからである。また、GNSは国が株式を所有する会社組織で研究に明確な説明責任と利潤の追求をも科せられていることが、独立法人化を目前にした日本の大学の体制と比較できて、興味深かった。一見、厳しい研究環境のようであるが、組織全体でプロジェクトを遂行し、効率的に運営されながら、個々の研究者は伸び伸びと日々の業務をこなしているように見受けられ、大変参考になった。
汽水域懇談会ではPorirua harbourにおける調査結果と、その他ニュージーランドの風景などの写真を紹介する予定です。

Abstract:
Using 2003 creative development research funding, I visited GNS (Institute of Geological Nuclear Sciences) in Lower Hutt near Wellington, capital city of New Zealand from 15 Dec. 2003 to 25 Feb. 2004. I and Dr. Karyne Rogers, manager of Rafter Stable Isotope Laboratory, conducted research on brackish waters in the vicinity of Wellington. The Rafter Stable Isotope Laboratory is a division of GNS and has used stable isotope chemistry for over 40 years.
Porirua Harbour is surrounded by a developed area and there is concern over inputs of heavy metals and organic materials. The regional council and GNS planned to start long term monitoring for harbour environment and organisms and I assisted with the first collection of base line data. We collected water, sediment, seaweed and benthic invertebrates from 18 stations located in the intertidal zone of this brackish harbour. Carbon and nitrogen isotope ratios of the samples were measured at GNS, and measurements of heavy metal concentrations were performed by another company. We analyzed relationships between basin land use and the distribution of water, sediment and organisms in the harbour. 
Although detailed results of the field investigation are still being processed, I felt the significance of being included in a collaborative environmental study with GNS researchers, one that included planning, sampling and measurements. In another words, I gained first-hand experience of how New Zealand undertakes a study of the influence of urbanization on brackish water environments and could compare it to my experiences in Japan. This is particularly interesting because New Zealand is a developed country and the institute and government are working together to solve the problem. It is also interesting when the aim and mission of GNS, which is a company organization with the NZ government as its shareholders and has explicit accountability for research and profit, is compared with Japanese universities when they are shifting to independent agencies. It was very impressive that although their circumstances seems to be strict at first glance, because the researchers are highly collaborative on projects, the research proceeded very efficiently, and they seemed to enjoy their daily work at their pace as an independent researcher. 
I will talk about results of Porirua harbour and show some photographs taken in New Zealand in the ReCCLE seminar.