2005/10/10 第066回 - K. Nageswara Rao 博士

第66回汽水域懇談会

10月20日(木曜日)夕方より第66回汽水域懇談会を行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

 

『2004 TSUNAMI: INDIAN EXPERIENCE(2004 津波: インドでの経験)』

Dr. K. Nageswara Rao Department of Geo-engineering, Andhra University, Visakhapatnam 530 003, India

K. Nageswara Rao 博士(地質工学科、アンドラプラデシュ州立アンドラ大学、インド)は、これまでインド東海岸各地の大型デルタおよびラグーンの地形とそれらの変遷に関する研究を、衛星画像解析のみならず現地調査で得たサンプルをもとにした堆積物分析などの手法を用いて行ってきました。また、2003年2月から約半年間、客員教授として島根大学汽水域研究センターに着任していました。
今回の懇談会では、2004年12月にインド洋で発生した大地震と津波に関する興味深いお話が聞けるものと思います。皆様のご来聴を心よりお待ちしております。

日時:平成17年10月20日(木曜日)午後5時より1時間程度
場所:島根大学汽水域研究センター2階演習室(201)

../seminar/66thReCCLESeminar.pdf


Abstract:
The high intensity (9.3 Mw) Earthquake that occurred on 26 December 2004 along the subduction zone of the Indian and Burma Micro-Plates triggered a massive tsunami, which devastated the densely populated coastal communities around the Indian Ocean, killing more than 300,000 people and causing unprecedented human misery. In India, the Andaman and Nicobar group of islands that lie close to the epicenter of this longest-ever (eight-minute duration) earthquake in the southeastern part of the Indian Ocean suffered the most besides the southern part of the east coast region of India. The Andaman and Nicobar islands received the double impact of both the earthquake and the tsunami. The entire landmass of these islands is estimated to have shifted westward by about 7 to 15 m and also tilted eastward leading to uplift of their western margins and subsidence of the eastern margins by about 1 to 3 m as evident from the uplifted wave cut benches, coral reefs and even landslides along western coasts, and submerged buildings and cropland along the eastern shores. The preliminary studies made by a number of investigators along different parts of Indian coastal zones indicated morphological, sedimentological and ecological changes caused by the tsunami. This presentation attempts to show through satellite images, field photographs and data, the results of various studies made on the impact of this devastating earthquake and tsunami along the Indian coastal zones.

要旨:
インドとビルマのマイクロプレートの沈み込み側で2004年12月26日に起こった強い強度(9.3 Mw)の地震は、巨大な津波を引き起こし、インド洋沿岸の人口密集地帯を荒廃させた。これによって30万人の人々が死亡し、前例のない惨めさが生じた。インドでは、東海岸地域の南側に加えて、過去にない長さ(8分間続いた)の地震の震央に近いインド洋の南東部のアンダマンおよびニコバル諸島が最も被害を受けた。アンダマンおよびニコバル諸島は地震と津波の両方から倍の衝撃を受けた。これらの諸島の地盤は西側へおよそ7から15m移動したと推定された。また、西側の端が持ち上がるように東へ傾き、波を打ち消すベンチ(段丘?)やサンゴ礁の持ち上がり、そして西岸の地すべりや東岸のビルや農地が沈んだこと、などから東側の端はおよそ1から3m沈んだと推定された。インド沿岸の異なった地域における多くの研究者による予備調査は、津波によって形態学的な、堆積学的な、そして生態学的な変化が起こったことを示唆した。この発表では、衛星画像、フィールド写真、そしてデータから、インドの沿岸域を襲った地震と津波の衝撃についてなされた様々な研究の結果を示すことを試みる。
(訳:倉田健悟)