2008/05/01 第083回 - 沖本 宜音 博士

第83回汽水域懇談会

5月7日(水曜日)夕方より第83回汽水域懇談会を行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

「中海のサルボウガイを追って〜最新の遺伝学的情報から得られたこと〜」
沖本宜音(汽水域研究センター研究員)

日時:平成20年5月7日(水曜日)午後5時00分より
場所:島根大学汽水域研究センター2階演習室(201)


発表の概要:
中海のサルボウガイは出雲神話「因幡の白兎」の薬として使用された説があるほど,古くから 利用されており,さらに,19世紀後半からは県外の生産地に移出されてきた.
本講演では,生物学的および歴史学的観点からの調査結果に加え,最新の遺伝学的情報を 紹介する.