大橋川勉強会のお知らせ

 斐伊川水系の治水対策の一環として、大橋川の改修事業計画が進められています。松江の市街地を洪水から守ることが必要であると同時に、市民に身近な川である大橋川の自然豊かな汽水環境を後世に残していくことも重要です。
 そこで以下のような勉強会の開催を企画しました。各回の講師に大橋川を含む斐伊川水系に関する様々な話題をお話していただき、参加者からの議論を交えて理解を深めたいと考えています。
 第8回目として、平成18年1月28日(土曜日)午後より「大橋川勉強会〜どうするどうなる大橋川(第8回)」を行います。


大橋川勉強会〜どうするどうなる大橋川(第8回)

『水害対策について』

講師:中村 徹立(国土交通省 国土技術政策総合研究所 危機管理技術研究センター 水害研究室長)

 今回は、国土交通省 国土技術政策総合研究所 危機管理技術研究センター 水害研究室 中村 徹立 室長に講師をお願いしました。近年の水害(洪水、津波)の特徴、被害とハード、ソフトの対策、日本と世界の河川の現状について説明し、水害対策と河川のあり方について考えます。
 下記の問い合わせ先まで参加申し込みをお願いいたします。参加費無料です。

日時:平成18年1月28日(土)14:00〜16:00
場所:白潟公民館(松江市灘町1-57)
主催:大橋川を勉強する会
共催:(社)日本水環境学会中国四国支部、島根大学汽水域研究センター、日本科学者会議島根支部、島根大学白潟サロン
(財)島根ふれあい環境財団21 ふれあい環境助成金事業
問い合わせ先:島根大学白潟サロン 担当 小倉 TEL・FAX 0852-21-4882
E-mail: s-salon@sirius.ocn.ne.jp
大橋川を勉強する会 担当 倉田
E-mail: kengo@soc.shimane-u.ac.jp